プライバシーポリシー

ホーム>プライバシーポリシー

個人情報の取り扱いについて

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

2005年4月から個人情報保護法が施行されました。下肢静脈瘤日帰りセンター 諸國眞太郎クリニックでは積極的にこの機会を活かし、より一層、患者さんを重視した事業活動をすすめます。
当院で保有される医療・介護・職員に関する個人情報もすべて対象とし、「個人情報は、個人の人格尊重の理念の下に慎重に取り扱われるべきものである(個人情報保護法第3条)」と考えています。そのために「個人情報の適正な取得」、「安全管理措置」、「職員の監督」、「委託先の監督」、「本人からの求めによる保有個人データの開示」などを定めます。
さらに、医療・介護に関する個人情報はセンシティブ情報とされており、特段の配慮をもって取り扱われなくてはなりません。

第1条(個人情報の適正な取得)

  1. 個人情報の取得にあたっては、当法人の事業活動に必要な場合に限り、適法かつ公正な手段によって行います。
  2. 個人情報の取得にあたっては、原則として利用目的を明示し、通知・公表します。

第2条(個人情報の利用・管理)

  1. 個人情報の利用については、法令に定める場合を除き、あらかじめ特定した利用目的の範囲内で行います。
  2. 個人情報の管理については、利用目的に必要な範囲内で、正確かつ最新の内容を保つように努めます。
  3. 個人情報の安全管理のために、職員に対する適切な教育・監督を行い、個人情報の漏えい・滅失又はき損を防止するための措置を講じます。

第3条(第三者への提供)

  1. 個人情報は、法令又は公的機関からの要請等で必要と認めた場合を除き、本人の同意を得ない限り、第三者への提供は行いません。
  2. 個人情報の取扱いを他の事業者に委託する場合は、安全管理のために委託先に対する適切な監督を行います。

第4条(本人からの求めによる保有個人情報の開示・訂正・利用停止)

  1. 保有する個人情報について、該当する本人から、開示・訂正・利用停止などの申出があった場合には、特別な理由がない限り、開示・訂正・利用停止を行います。
  2. 個人情報の取扱いに関する苦情や問合せの窓口を設置し、迅速・適切に対応します。

第5条(個人情報取扱手順書等の作成と監査の実施)

この方針を実行するため、個人情報取扱手順書並びにその他の規程を作成し、これを役職員その他関係者に周知徹底します。また、定期的に監査を行い、業務内容の継続的な改善に努めます。

プライバシーポリシー

医療認定を受けているから安心・安全

諸國眞太郎クリニックは、血管内レーザー焼灼術の実施基準による実施施設、指導医、実施医の認定を受けています。

詳細はこちら

診療日とご予約について

諸國眞太郎クリニックは、完全予約制となります。ご予約についてはこちらをご覧下さい。

詳細はこちら